あれこれ・・インド

ガネーシャさんのお祭り

お気に入りのガネーシャさん

 

首から下は人間で、

首から上は片方牙の折れた象

ふっくらおなかのガネーシャさん。

今日はガネーシャ・チャトゥルティー(ガネーシャ降誕祭)

インドでは、この時期の新月から数えて4日目の今日から次の満月の日まで、

ガネーシャ神への祈りをささげるお祭りが続きます。

「ガネーシャ」は“ガナ”と“イーシャ”がくっついた言葉で、

ガナには「群、民衆、大衆」、イーシャは「主、神、夫」等の意味があります。

 

おお、曲がりたる鼻、堂々たる体軀の

ガネシャ神よ、その光輝は数百万の太陽さながら

どうかわれをことはぎたまえ

精進のさなか、行く手を遮るものと出会わぬように

(ラヴィ・シャンカール Chants of India より 訳:浜田吾愛)

 

Om Sri Ganeshaya Namah