アーユルヴェーダ的生活インドねこたち

秋から冬への11月ですね

人間もねこたちも、朝、布団から出るのがだんだん辛くなってきた。

昼は昼で、ねこたちはどこ?と思ったら・・

 

 

わたしはここ、ずっとここ。
わたしはここ、ずっとここ。 わかめ

 

 

わたしはマットの上で暖まる。  あられ   
わたしはマットの上で暖まる。  あられ

 

 

晩秋の身体は、体温の放熱を防ぐために、身をすくめはじめる。

それに加えて、この春からずっと骨盤周りがこわばるので、リシケーシの

アーユルヴェーダの先生に診ていただいたら、「ワータが増大していますね。」

なんだそう。うん、心当たりいっぱいだわ。

乾燥、軽さ、冷性、動性等、「風」の持つ特徴をもつワータ(ドーシャ)が

増えていくこの季節にワータなわたくし。暖かいインドが恋しいよ。

(「帰ってきたばかりなのに何言ってんだ?!」と夫の声が聞こえそう・・)

 

注)「ワータ」とは「ヴァータ」のことです。インドでは一般的に「ワータ」と発音することが多いようです。

 

ところでシャルマ家Papa.

仕事をリタイアしてかもう何年もたつけれど、

毎朝、日の出前に起床して、公園ウォーキング&ストレッチ&プラーナーヤーマ。

いつも家族のためにサブジやサラダを作ってくれる。

この前、屋上で、こうやってストレッチするんだよ、って見せてくれました。

心身健やかに過ごすための日々の営み=ディナチャーリヤーの実践者。

 

 

「サイドはこうやって伸ばすんだよ~。」とナイスなPapa.
「サイドはこうやって伸ばすんだよ~。」とナイスなPapa.

 

日頃のyogaとセルフケアで、寒い季節もご機嫌よく過ごしたいですね!

 

 

デリーの朝~シャルマ家の屋上から
少しかすんだデリーの朝~シャルマ家の屋上から

 

Pranam & Om