Blogアーユルヴェーダ的生活あれこれ・・

Chandra Namaskar 月の礼拝

Om Chandraya Namah.

 

太陽が沈むと、空に月が輝き始める。

冷んやりとした風を感じる。

太陽の運行と月の満ち欠けが知らせる、時の流れがある。

 

9月。太陽の光は真夏ほど強烈ではありませんが、熱の影響を与え続けます。

アーユルヴェーダでは、宵の口に月の光を浴びることがすすめられています。

白く澄みきった月の光に、ほっと一息つくことができるでしょう。

日本でもお月見の習慣がありますね。

 

この季節、とくに好きなのがチャンドラ・ナマスカーラ(月の礼拝)。

12のアーサナとマントラから成るスーリヤ・ナマスカーラ(太陽礼拝)ほどには知られておらず、

チャンドラ・ナマスカーラで行うアーサナの数や種類、マントラは一定していません。

師から教わったのは16のアーサナから成るもので、月の満ち欠けの周期がおよそ

16日間であることからきているようです。なめらかな流れの連続アーサナを行っていると、

地上に注がれる月のエネルギーを感じるような気持ちになります。

今月のクラスでは、様子をみながら無理なく行ってみましょう。

 

雨が降り続いていますが、雲の向こうには太陽も月も星も輝き、

宇宙の展開は永遠に続くでしょう。

季節は夏から秋へ。

Om Shantih Shantih Shantih