Blogインド

歩んでいくこと

as usual  Rishkesh

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンスクリット語を書くノートの白紙ページが残り少なくなってきた。

短い滞在の中で、少しずつだけど進んで来れたのが嬉しくて、

「次には新しいノートを持ってきます。」と言ったら、

先生は「一冊終わってから、新しいのを買いなさい。」とおっしゃった。

あ…、とまた気づかされた。そうだよね、物事には順番があるのだから。

 

ヨーガスートラ(古典ヨーガの経典)のごくはじめの方に出てくる言葉“プラティヤクシャ”。

「目前の」「知覚できる」等の意味があるけれど、からだと呼吸とこころを静かにして、

目の前にある現実を、曇りのない眼でそのまんまに観ることが大切ね。

 

帰り道、どこからかチャパティを焼くにおい。

振り向けば、お弁当入れを下げたおじいさんの後ろ姿。

その先には洗濯ものが干された軒先。

 

平凡というかけがえのない日々の中で、1歩ずつ大切に、足を前に運ぼう。

 

Pranam &  Om