Blogアーユルヴェーダ的生活あれこれ・・

寒さに寄り添う

とても寒いけど、お日さま色はやさしい honey~ (窓のよごれは許してネ)

 

大寒過ぎて、一年のうちで最も寒さが厳しいといわれる時期。

その通り、もーれつな寒波がやってきて、

必要以外にはお外に出たくないそんな日曜日の朝。

なぜか?ほうじ茶、とクローブ少々をブレンドしてお茶を沸かす。

そして、とても美しくて貴重なハチミツを加える。

う~ん、アーユルヴェーダ。暖まります。

(次の“yogaのじかん”にはシェアーしますね)

 

このハチミツ、去年からyoga仲間になって下さったWさんの

家族であるミツバチさんが、せっせせっせと集めてくれたもの。

お山で育てたハーブの花のハチミツだって。Wさん、ミツバチさんありがとう。

お日さまの色をギュッと集めた色だ!と閃いて、お日さまと並べてみる。

(ハチミツは直射日光に当てない方がいいですね。暗い所に保存です)

 

先週から切ないことばかりで、祈りの力を信じるしかない。

今、目の前にあるものは通過しなければならないもの。

しっかりと心の目で観て、受け入れなくてはならないもの。

寒さも心を痛める悲しみも、そして喜びも、それぞれの味わいをもつ。

 

しばらく冬。でも冬の次には春が来る。