Blogあれこれ・・

サンスクリットとアーサナ

Shanthi

 

去年の暮れに、一冊のノートをいただいた。

ありそうでなさそうな、色もシックですてきなノート。

そのノートの一行一行をサンスクリットの文字で埋めていく。

青色のペンのたどる線は、その時の自分と別ものではない。

 

アーサナのプラクティスもそう。お師匠さんのO先生は「アーサナは自画像です。」

とよくおっしゃっていたけど、ほんとうにそうだなと思う。身体や呼吸は正直者。

 

ノートに向かう時間もアーサナも淡々と。やがてそれは祈りとなる。

 

あれ?凹んでいた「自画像」がふっくらとほほえんだ。