Blogあれこれ・・インド

「雪の州」ヒマーチャル・プラデーシュへ

デリーに到着し、ホテルにチェックインしたのは深夜。

翌朝6時にホテルを出発し、車に乗ることなんと14時間!(平均的には12時間)

 

シャルマ家のみんなの出身地で、愛娘クスムちゃんの結婚式の行われる、

ヒマーチャル・プラデーシュ州、ラムプールに到着しました。

 

デリーを出て高速道路を走り、お昼過ぎには少しずつ景色が変わってきて、

高地に移動していくのがわかる。延々と続く山の景色。今日の最高気温42℃と

予報が出ていたデリーに比べると暑くないし、空気がおいしい。

 

 

高速道路はスムーズ

 

お昼頃、景色が変わり始める

 

高地になって藤が満開

 

山々の斜面に町が広がる

 

 

こんな町も通り過ぎて・・

 

日が暮れ始め、曇っているのでぼんやりとした色の夕焼け。やがてあたりが

真っ暗になってもまだまだ車は止まらない。

 

まだぁ~??

そして・・やっと止まった。でもこんどは動かず。やがて「ドーン」という爆音。

「ど、どうした?」と同行してくれた親戚の若者ハーシュくんに聞いたら、

「岩を爆破しているんだよ。」って!?そーかぁ、道を塞いでいる岩を爆破しないと

進めないんだぁ?これもインドのナショナルハイウェイ。

 

 

別の日の朝、通り抜ける岩ゴロゴロの道。ビックリ!

 

そして走ること約10分。無事に結婚式の会場でもあるホテルに到着

しましたとさ。デリーから約500㎞の道のりは長かった~。

でもこれもまた初めてのわくわくする体験。

 

ヒマーチャル・プラデーシュ州はインドで最も北西に位置し、ヒマーラヤ

山脈が北西から南東にかけて走る。ヒマーチャルやヒマーラヤの「ヒム」

というのは、ヒンディー語で「雪」の意味。

標高の高い町や村からは一年をとおしてヒマーラヤの雪が見えるのだそう。

私にとっては初めての土地。何よりも大好きなみんなの故郷に、

しかもクスムちゃんの結婚のお祝いに訪れることができたことにじーん

とくる。

ここに住むパハーリー(山岳地の住人)と呼ばれる素朴で人懐っこい

人たちに心よりナマステー!

大好きなところがまたひとつ増えた。

 

谷間のハイウェイから

 

 

標高の高いところから。サトレジ川