Oliveたちアーユルヴェーダ的生活あれこれ・・インド

フェヌグリークさん、いただきます!

やさしい姿で、みどりがキレイ

 

鉢の中で芽を出したフェヌグリークさん、過密状態のため少し間引かせて

いただいて、すくすくと育ちました。実はこれ、何年か前にお茶用に

購入した種を蒔いてみた。すごい生命力!芽が出るんですもの。

 

種はスパイスとして使われたり、私は時々お茶にしていただきます。

インド名は「メティ」。葉は「カスリメティ」と呼ばれます。

日本では種と乾燥させた葉が手に入ります。どちらも苦みがありますが、

カレーに入れるとぐっと風味が増します。

 

血液をきれいにし、メタボにもいいということで、デリーのシャルマ家では、

奥さんのアンビカさんが、生の葉をスパイスと一緒に炒めたものを

シャルマさんに食べさせていました。でも「これ、ボク食べたくないよ。」って

言ってたなぁ。「良薬口に苦し」、アーユルヴェーダ・クッキング。

 

わが家では葉を摘んで、ココナッツオイルで焼いたジャガイモの上に、

軽くソテーしたフェヌグリークをのせてみました。美味。これだけで

カレーのにおいがします。少し苦みがあるけど、湿度が高くてだるく

なりがちな、今の季節にもいいみたい。

 

ポテトによく合います

 

 

そんなこの頃のわが家の庭。オリーブの実がすくすくと育ち、

夏椿(シャラノ木)の新芽を見るたびに感動。

7月も3日過ぎました。

 

マンザニロbabies

 

プラーナですね