BlogTulsiインド

秋のトゥルシー香れば

ガートのクリシュナ・トゥルシー

 

 

アーシュラムのガートにはクリシュナ・トゥルシーの鉢植えがいくつかある。

その他注意してみると、道ばたや広場の柵の中にも植えられていて、

インドではトゥルシーがとても神聖なものとして大切にされているのがよくわかる。

 

ある日、いつもグルデーヴ・クティールにいらっしゃるスワーミに、

「日本でもクリシュナ・トゥルシーとラーマ・トゥルシーを育てているんですよ。」と言ったら、

ふだんニコリともしないスワーミが笑顔になって、「それはいいですね。大切にして

毎日お祈りをしなさい。」とおっしゃった。

なんだかとても嬉しかった。

 

日本は秋が深まって、庭のトゥルシーたちは秋色に染まっていく。

冬になれば枯れてしまうけど、花は種を残し、また次の季節へといのちは繋がっていく。

冷たくなってきた空気のなか、トゥルシーの香りがただよう。

ちょっぴり、リシケーシが恋しくなる。

 

 

ラーマ・トゥルシー  女神さまだぁ~って感じる

 

 

クリシュナ・トゥルシー 野性的だけど、慈愛に満ちてる

 

 

注)

ガート ・・・ 沐浴のための場所。河や池のほとりにある。

グルデーヴ・クティール ・・・ スワーミ・シヴァーナンダのお住まいだったところ。

クティールには小屋、田舎屋等の意味があります。

スワーミ ・・・ サンスクリット語の辞書には「スヴァーミン」として出ていて、

所有者、領主、夫、主人、最高地位の宗教者、の意味。また聖者や出家した修行者の人を

そのように呼びます。