アーユルヴェーダ的生活インド

古都マイスールへ

マハーラージャ宮殿のひとつラリタ・マハール・パレス。今はホテルとして使われています。

 

南インドの大都市ベンガルールの喧騒を抜けてタクシーで走ること4時間弱。

インド独立までは、マイスール藩都として地方政治経済の中心となっていたのだそう。

その頃に建てられたマハーラージャの宮殿や丘の上にあるドラヴィダ様式の寺院が

有名で、おだやかな古都の雰囲気が感じられます。

 

町の中には入らずに郊外に進んでいくと、チャームンディの小高い丘に近づいていきます。

アーユルヴェーダ・センターはそのふもと、緑いっぱいの広い敷地の中にあります。

ますますゆったりとした、そして清らかな空気が漂って、旅の疲れも忘れてしまいました。

レセプションのソファーに座っていると、サリーを着た女性が私の前にやってきて、

プージャ(お祈り)をし、額にティラカをつけてくれました。

 

Welcomeのお花。ジャスミンの香りにうっとりです。

 

違う時間が流れ始めた・・

 

アーユルヴェーダな休日の始まりです。

 

 

Namaste