Blogあれこれ・・インド

バガヴァッド ギーターを聴きながら

リシケーシから。切手はマザーテレサと名前知らない方々

 

 

涼しい風は、夏の終わりが進行中ですよ~、と伝える。

月末のオフの日はちょっとしたgiftのような気がして、

Bhagavad Gita(ヒンドゥー教の代表的な聖典。yogaに親しむ皆さま、ぜひ!)の

CDを流しながらデスクワークの昼前。

短い解説の後、ギーターのチャンティングの始まりに唱える“SRI GITA DHYANAM”が

流れ始めたとたんに、まるでアーシュラムの部屋で過ごしているような気持になった。

 

7月終わりに近所の郵便局から出したリシケーシへの手紙はたったの12日間で届いたらしく、

リシケーシからは25日もかかって、手紙と本が送られてきた。ガンジスのほとりのポストオフィスから。

Hari Om スワーミジ・・

 

「Gitaを聴きながら・・」なんて言ったら、

スワーミジはきっと、「それだけに集中しなさい」とおっしゃるかしら。

すぐにでも飛んでいきたい気持ちになるけれど、もう少しだけ時間が必要かなと思う。

一日一日生きていることそのものがyogaのプラクティスであり学びだから、それは

そのままギーターの教えだなのだから、と自分を諭すように目を瞑る。

 

変化とバランスと安定と、自然の流れにまかせて、季節を楽しんでいこうっと。

 

Pranam & Thank you