Blogインド

南インドより・・ただいま~

アルナーチャラ!火の山とも呼ばれる。山の周りをぐるりと回りながら、色んな姿に出会う。

 

 

それは不思議な山だった。ごつごつとした岩肌があちらこちらに見える。でもその存在感と

表現できないほどのパワーに圧倒された。

乾季には緑がなくなっていた山は、モンスーンに入ると見る間に木々が生い茂ってきたのだそう。

南インド、タミル・ナードゥ州の大都市チェンナイから南西に200㎞、ティルヴァンナーマライという

町にある聖なる山アルナーチャラ。伝説があり、山そのものがシヴァ神の現れだとされている。

デリーから空路2時間弱。チェンナイで一泊して、翌朝出発。タクシーで向かったその町に住む

アルジェンティーナの友人に会いに・・リシケーシのアーシュラムで出会って13年のお付き合い。

ティルヴァンナマーライは、今回滞在するアーユルヴェーダのセンターのあるベンガルールから

比較的近いので、ちょっと寄り道して3年ぶりに会うことにした。リシケーシを離れた彼女は、

今はラーマナ・マハーリシという聖者が開いたアーシュラムのそばで静かに暮らしている。

サーダナのことで悩んだりしたときに打ち明けると、「自分の声をよく聴いてね。」といつも言う。

 

 

ラーマナ・アーシュラムのメインゲート。そんなに大きくはないけれど、とても静かでシンプルなところ。

 

 

そう、自分の声をよく聴くこと。何が必要で何が要らないのか・・そして聖者が一人静かに問い続けた

ように、自らも “Who am I ?” という問いかけを忘れずにいよう。

彼女と話しながら、南インドのおおらかな自然や人に触れながら、つねに一番新しいこれからの一瞬一瞬を

正直に歩んでいく勇気湧いてきた。

 

春に続き、再び訪れた南インド。少しずつ感じた何かを綴ってみようかな、と思っているところです。

 

 

南インド様式(ドラヴィダ様式)のお寺の門。カラフルな塔門が雨上がりの青空に映える。

 

Pranam &  Om