Blogyogaクラスアーユルヴェーダ的生活あれこれ・・

新年のごあいさつ 2018

鳥居の前に立つと、背筋がしゃん!小浜での初詣はいつもこちら「八幡さん」

 

あけましておめでとうございます

 

気温は低いけれど雪のないお正月。

皆さまはいかがお過ごしですか。私は、出雲の実家から帰ってきて、家事をかたづけたり、

年賀状の追加分を書いたりした後、今日は八幡神社にお詣りしました。

 

出かけようと思ったらあられがパラパラ賑やかに降り出してきて、荒れ模様に。

寒くないよう完全防備で出かけたのですが、なんと神社に着くと同時くらいに

青空が見えてきましたよ。

 

 

八幡さんの冬桜。冷たい風の中、可憐に揺れて、微笑ませてくれるなんて・・。

 

凍るような冷たい風の中、手を合わせればしぜんと背筋が伸びて、

もう大いなる見えない何かに包まれ、護られていることをハートで感じる。

yogaには「結ぶ」とか「一つになる」という意味があるけれど、

手を合わせるということは無条件にそういうことなんだ。

 

yogaもアーユルヴェーダも根源は宇宙の意識そのものであり、

知識(情報)で計ったりはできないもの。自らを謙虚に保ち学びながら、

日々の繋がりの中で何かお役に立つことができますように、と祈りつつ、

新しい年の歩みがスタートです。

 

 

いつもの浜辺にも行ってみた。時には会場抜け出して、今年もここでyogaしましょう!

 

心身共に健やかに、平安でありますように。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

Pranam & Om