Blogアーユルヴェーダ的生活インド

アーユルヴェーダのお気に入り① ジャラネーティとアヌタイラム

気がつけば2月もあと少し。あちらこちらに春の気配が感じられ、こころもからだもほっと一息

ついている。一方、冬のコートがもう重く感じられる日が続いたかと思えば、真冬の寒さに

戻ったり、なかなか春の始まりはコントロールが難しいですね。

また、固くなった大地がぬかるむように、カファが増えて悪さを始め、粘液を排出すべく、

風邪なのか花粉症なのか、鼻やのどの不調を感じやすくなるのもこの季節。

 

リシケーシのアーユルヴェーダのお医者さんにすすめられて使い始めたお気に入り

 

そんな時に私がよく行っているのが、ジャラネーティ。水を使った鼻の浄化法です。

朝、洗面の時に、ぬるめの塩水を作り、ネーティ・ポットに入れ、片鼻ずつ洗います。

頭をやや前に傾けて、ポットから少しずつぬるま湯を鼻腔に通してもう一方の鼻から

ぬるま湯が流れ出るようにします。次にもう片方も。

(ネーティポットがない時には、きれいに洗った手のひらにぬるま湯を受けて、そのま

ま鼻から吸い込む。これムンバイのyogaのコースで教わった便利な方法!)最後にフン、

フンっと勢いよく、鼻腔内の水分をしっかり外に出します。頭や耳につーんとこないために、

肩の力を抜いてリラックスすることが大切かな。

終わった後に、「アヌタイラム」という点鼻用オイルを鼻にたらして吸い込む。これがまたいいのです。

因みにジャラネーティ、夜は行いません。鼻に水が残っていると眠りづらいから。

(正しく行わないといけませんので、方法を詳しく知りたい人はyogaやアーユルヴェーダの

先生に直接教えていただいて下さいね。)

 

ネーティ・ポット。新品あと3つ。欲しい方いますか?

 

お鼻スッキリさせて、身体を冷やさないように過ごしていると楽しい春がやってくる。

冬の間寒さから身を守るために縮まっていた身体はもう、深~い呼吸をしたがっていますよ。

 

 

Pranam & Om