Blogアーユルヴェーダ的生活インド

みんなでインドごはんの日

インドの家庭の食卓みたいになってきましたよ(チャパティこげたのはご愛嬌)。

 

 

先週、夏至を迎えた翌日にyoga仲間の皆さんと、夏にぴったりのインドごはんを作りました。

パレア若狭の調理室の調理台には、この季節の地物野菜やスパイス等がずらりと並んで、

色とりどり。見ているだけで嬉しくなります。

最近の日本の夏はインドの夏並みに暑い日が多くなってきたので、スパイスを使ったインドの

家庭料理がとても美味しく感じられます。

今年は、日本でふだん手に入りやすい豆腐や小豆を使ったり、アーユルヴェーダのセンターで

気に入った簡単なサブジも加わって、より親しみやすいものになったのではないでしょうか。

メニューは、

・季節野菜と豆腐のサブジ

・小豆のカレー

・人参のサブジ

・きゅうりとトマトのライタ(ヨーグルトサラダ)

・チャパティ

・バスマティライス(細長い香り米。カレーによく合います)

 

今年参加の皆さんもチームワークよくて、2時間少々でこれらすべて完成しました。

リピーターさんたちは年々チャパティ作りが上手になっていきます。

 

インドの家庭料理と食事法にはアーユルヴェーダの知恵がいっぱい詰まっていて、

本当にヘルシーだなぁ、といつも思うのですが、皆さんからも「身体が喜びそうな食事ですね。」

という感想を多数いただきました。

それからいつもお薦めするのが、手で食べること。食べ物の温度や状態がダイレクトな感覚として

伝わってきて、スプーンやフォークを使って食べるのとはまた違った味わいがあります。

 

元気よく手で食べる2人はなんていい表情。思わずパチリ!

 

いつも収穫したばかりのトマトやキュウリを携えて参加して下さる「やさいのはらねさん」のトマト、

本当に美味しいですね。参加できなかったけど、お山の畑で採れた紫玉ねぎとフレッシュコリアンダーを

下さったYさんもありがとう。

 

いただきま~す。

 

そして、たくさんの繋がりと出会いの中で、こうやって皆さんと仲良く楽しく調理をし、共に食卓を囲むこと

ができたこと、心より感謝です。

 

Pranam & Om