BlogOliveたちインドねこたち

梅雨の朝の日記

今年も咲いてる!止まらない時間と変わらない真実。

 

先週のある日、暑くなりそうだったので、白いクルタ(インドの服)を着てyogaのクラスに行った。

風が通り抜けて涼しくて気持ちいい。

リシケーシでいつも着ている服に身を包まれると、アーシュラムにいるときのことが

思い出されて、まるですぐそばに、ガンガーの流れやスワーミジやみんなを感じた。

ちょうどそんな日に、去年の12月に近所の郵便局から出したNew Yearのカードが

スワーミジのもとに届きましたよ、とリシケーシの大センパイAさんからメールをいただく。

思うこと、感じることは不思議な力。あっという間にどこにだって飛んでいく、きっと。

そうなんだ・・心がぽっとあたたかくなった。

 

昨日とはちがう曇り空の日曜日の朝。豪雨の被災地のニュースを読むたびに、

無力さを感じずにはいられない。これ以上被害がでませんように、少しでも早くほっとできる

暮らしに近づけますように。

 

幼果が風に揺れるフラントイオくん。今年はたくさん実をつけた。

 

この時期、雨上がりの庭に出るたびに、オリーブの実が膨らんでいく。

海辺の夾竹桃の赤が、今年も空の色に映えはじめた。

蒸し暑さのせいか、つまらないのか、あられはわかめにチョッカイかけまくり。

わかめは押入れの中でくつろぐのが好きになったそう。

 

わかめ in 押入れ。
お願いだから外に出て~。

 

そんな他愛のないことでふふふ・・と緩ませてもらいながら、

心の中で祈りの言葉を繰り返す。

 

 

Pranam & Om