Blogアーユルヴェーダ的生活あれこれ・・

生姜のコンフィ ~ ayurvedaなティータイム

高知産の有機生姜ときび砂糖だけでできたお菓子。すっかりファンになりました。

 

生姜のコンフィをいただきました。

ほんのひとかけらの生姜が、ティータイムをより温かくしてくれます。

ぽかぽか身体の芯から温まる感じ。

 

昔から伝わる「おばあちゃんの智恵」のような手当法の中には、

身近な食べ物によるものが色々ありますが、生姜もそのひとつ。

生姜は生でも、加熱・乾燥させても使われますが、どちらも使い方によって

全てのドーシャによいようです。

発汗させる作用を持ち、アグニを燃え立たせ、食物の消化、吸収を促す

作用があります。生姜湿布をしたり、少しのすりおろした生姜を布に包んで

お風呂に入れたりもできます。

 

また、生の生姜は水分が多く刺激がそれほど強くありません。マクロビオティックの

「食べ物の陰陽表」からも確認できるようにもともと陰性の植物です。

一方、加熱や乾燥し粉にした生姜はその作用が強く鋭くなります。その時その人の

状態によって使い分けるとよさそうですね。

 

ところで「アグニ」はサンスクリット語の辞書を引いてみると「火」、「火の神」、「腹の神」と

あり、ここに「食べる」ということの大切な意味が見出せます。

そう、食べ物は神さまへの捧げもの・・食をこのようにに捉えるなら、どんなものを選び、

どのようにいただくか、食事の仕方も変わってくるのではないでしょうか。

 

今週は寒さが厳しくなりそうです。皆さま温かくしてお過ごし下さいね。

 

Pranam & Om