Blogアーユルヴェーダ的生活あれこれ・・

野菜のスムージー

朝は白湯。今日のおやつはこれ!からだ喜ぶ。

 

数日前は真夏のような日射しにクラクラ、そうかと思えば雨が降り出しジメジメ。

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

蒸し暑い日が続くと身体が重くなりがちですが、梅雨明けの本格的な夏を迎える

前には、適度に動いて汗をかき、あと一息の浄化法が必要です。

体を冷やさない、過食をしない等に気を付け、便秘をしない、汗がかける身体に

しておくというのも大切ですね。

 

ボウルの中に一人分の材料。キャベツ、自家製ルッコラ、ミニトマト、にんじん、みしょう柑、塩、水少々。氷は入れず常温で。

 

ところで、ワータな私は、体を冷やすからという理由で長い間、生野菜を控える傾向に

あったのですが、ここ数年は体が欲する時には適量いただくようになりました。

例えば、前日の夕食ごはんが遅めだった今朝は白湯のみ。空腹でも体が冷たくなく、

少し動き回っておなかがすいたので、野菜のスムージーを作る、というように。

 

昔、月1回の週末断食合宿に通っていた頃に教えていただいた野菜のスムージー。

家にある野菜でさっと作ってみませんか?葉っぱと根っこと実の野菜に塩を少し。

好みによりリンゴやバナナを入れてもいいですが、私はバナナは使いません。

あと生のニンジンを使うので、レモンか酢を少々いれておこうっと。

今日はレモンもリンゴもなかったので、みしょう柑を代わりに使ったのですが、

ほんとうは朝のスムージーに柑橘系は入れない方がいいようです。

 

と、ここまで書いてみて、わりと適当かな?基本を知ったうえで、

肩の力を抜いて、いのちの声にしたがって・・がいいのです。

 

Pranam & Om