BlogOliveたちTulsiyogaクラスアーユルヴェーダ的生活インドお知らせ

梅雨も元気に過ごしましょう

オリーブの木。左はマンザニロ、右はフラントイオ

 

ここ数日は天気がよくて、梅雨入り前の貴重な晴れの日をフルに活用。まだ残してあった

厚手の衣類を洗濯したりヒーターを片付けたり、家の中の気になっていたことが片付くと

リラックスできますね。

 

今年もいっぱい咲きました

 

青空の下、庭では昨年とちょうど同じ日に咲き始めたオリーブの花があっという間に満開を

迎えました。みかんの花の香りを柔らかくしたようなオリーブの花の香りが漂う中、深呼吸。

オリーブの花が終わる頃にはクリシュナ・トゥルシーも芽を出してくれるといいのですが、

今年はどうかな・・。

 

そんな今ですが、庭の草木の中でとくに気になっているのがカレーリーフの鉢植えなのです。

昨年秋に近くのインド人Sさんにカレーリーフを一枝あげたらあまりに喜んでくれたので、

それなら、と気前よく鉢ごとプレゼント。でもそのSさんこの春引っ越して行ったため、

ひと冬越してほとんど丸坊主になった鉢が私のもとに戻ってきたのでした。もうダメ

かもしれないと思いながらも一回り大きな鉢に植え替えてお水をあげていたらなんと!

新芽が出てきたではありませんか。もともと南インド料理に合うのですが、デリーの

友人宅にもあったカレーリーフ。このまま育ってくれたら夏にはサンバル等のインド料理に

使えそうで楽しみです。

 

インドでは「カリーパッタ」と呼んでいます

 

インド料理といえば、一昨年まではこの時期にヴェジタリアンの家庭料理クラスを行って

いましたが今年も見送りました。無理なく安心してみんなで楽しめる日が早くやって

きますように。

 

いくつかの地方は記録的な早さで5月のうちに梅雨入りしましたが、北陸地方はまだ。

それでも先週はこの若狭地方も梅雨のような天気が続きました。

夜は冷えたり雨降りの日は日中でも肌寒かったり、晴れれば夏のように暑く・・と変化が

多く、アーユルヴェーダでは、このような時期には風・火・水の3つのドーシャがすべて

悪化する、としています。

お天気のいい日には窓を開けて風を通し、心身ともにどんよりジメジメしないよう、

体温調節や発汗作用がうまく働くように整えましょう。身体をよく動かして汗を十分に

出し、排泄力を高めていくこと、呼吸器を活性化していくことが大切です。

 

食べ物ではスパイスや薬味を上手に使ったり、また日本の伝統食のひとつである梅干し

もこの時期の強い味方。代謝を促したり、身体を陽性に導き引き締めたり、殺菌の効果も

ありますね。

スーパーにはキュウリやトマト等の夏野菜が早々と並んでいますが、冷え性さんや体力の

ない方はもう少し先まで待つか、火を加えた調理法でいただくことをおすすめします。

 

さて、6月もすべてのクラスは事前にお渡しした日程表通り。自宅での“yogaのじかん”は

第3月曜日に行います。

オンラインクラスは、6日、13日、27日の日曜日14:00~15:00の予定です。

クラスの詳細はCLASSESからご確認いただけます。

今月もどうぞよろしくお願いします。

 

今日のバガヴァッドギーター

 

यदा ते मोहकलीलं बुद्धिः व्यति व्यतितरिष्यती ।

तदा गन्तासि निर्वेदं श्रोतव्यस्य श्रुतस्य च ।  ギーター/2-52

 

「お前の叡智が、迷妄の沼を越えることができれば、お前はこれまでいくらか聴いたこと、

そして、これから先聴くであろう、すべてのことに無関心でいられる。」

(補足:全てに超然として惑わされないように、という教えのようです)

「ギーター・サール」 A・ヴィディヤーランカール著 / 長谷川澄夫訳 より

 

今年もトゥルシーの苗がやってきました

 

Pranam & Om