Blogアーユルヴェーダ的生活インドお知らせ

インドヴェジタリアン家庭料理教室 2016

投稿日:
インド到着の翌朝、ホテルのレストランで
インド到着の翌朝、ホテルのレストランで

 

「絶対に食べません。」というのではないのですが、yogaを続けてきたせいか、

いつの間にかこころとからだが、あまり動物性の食品を必要としなくなったようです。

インドに滞在している間は、完全なヴェジ.生活が可能で、新鮮な野菜と乳製品、

スパイスを使った温かな食事が心身を満たし元気にしてくれます。

 

はじめてインドを訪れた20年前頃から比べると、その頃にはなかったハンバーガーなどの

ファーストフード店や色々な国の料理を楽しめるレストランも増えてきました。

それでも日々の食事には、「生命を守り、育てる知恵」であるアーユルヴェーダの

「食品は身体に栄養を与えつつ、身体組織、ドーシャおよび身体老廃物のバランスの

状態維持するものである」という教えがごく当たり前に生きています。

(ドーシャとは・・「悪化させるもの」という意味を持ち、ワータ(水)、ピッタ(火)、カファ(水)という

3つのドーシャは、生体機能、自然環境における現象の総体を司るエネルギー源のようなもの。)

稲村晃江先生著「アーユルヴェーダ 寿命の科学」より

 

さてそんなインドの食の楽しみましょう、ということで、お料理教室を行います。

今回のメニューは、なんと「インドの朝ごはん」。家庭やアーシュラムでいただく朝ごはん、

実はけっこうバラエティに富んでいるのですよ。

 

ある日のシャルマさんちの朝ごはん
ある日のシャルマさんちの朝ごはん

 

その中から、Poha(ポハ)というお米のフレークを使った朝ごはんを作ります。

それからやっぱり野菜カレーとチャパティも食べたいな、というお声もありますので、

少し作りましょうか。

 

〔献立〕

・Poha(ポハ) ライスフレークを使った人気の朝ごはん

・季節のサブジ(野菜カレー)

・チャパティ

・おまけのもう一品~その時期の気分で、お楽しみに!

 

〔日時〕 2016年6月9日(木)  10:00~13:30

〔場所〕 パレア若狭 調理室

〔定員〕 10名

 

お問い合わせはCONTACTからお願いします。