BlogTulsiインド

今年も始まるTulsiの季節

ラーマ・トゥルシーの苗が届いたよー。元気に育ちますように。

 

 

ゴールデンウィーク明けから雨降り、肌寒い日々が続いています。いきなり3月下旬並みの気温に

逆戻りしたものだから、片付けないでおいた小さなヒーターが朝夕ありがたいこと!

そんな気候なのに、なんと昨年よりも10日ほど早くトゥルシーの苗が届きました。

最低気温が14℃以上で生育可能と聞いているので、冷たい風に当たらないよう今しばらく養生

させてから地植えにしたいと思っているところ。苗を希望されていた皆さんにもそのように伝えて

お渡ししています。

 

初めてわが家の庭にトゥルシーを植えたのが今から6年前。それから毎年この季節になると苗を

植え、初夏から11月下旬くらいまで、トゥルシーのある日々を過ごします。

こぼれ種からのトゥルシーも芽を出し始めているので、成長した苗をお裾分けできます。

育ててみたい方はお声をかけて下さいね。

 

 

今年の苗は大きくて伸び伸び。毎年少しずつちがうからおもしろい。

 

インドの寺院やアーシュラム、アーユルヴェーダのセンター、そして家庭等には必ずといっていい

ほど庭に植えられていたり、鉢植えが玄関先に置かれているトゥルシーは、アーユルヴェーダの

代表的なハーブのひとつといえるでしょう。

デリーの友人の家にもトゥルシーの鉢がいくつかあり、喉の調子が良くない朝には、トゥルシーの

葉を摘んできてトゥルシーチャーイを作ります。

 

インドから遠く離れた日本。気候風土も文化も宗教も違うけれど、yogaやアーユルヴェーダに

親しみながら、どんなトゥルシーの物語が生まれるでしょう。今年も楽しみです。

 

Pranam & Om