Blogあれこれ・・インドねこたち

春の始まりと菜の花

これが野菜コーナーにあるなんて!

 

スーパーの地場産コーナーで、ひと束だけあった菜花。

迷わずカゴに入れました。

 

家に帰って、かわいい黄色い花をながめていたら、

このままいのちをいただくのが申し訳なくなって、

結局お花はボウルに生けて、開きかけのつぼみと葉と茎をお浸しにして

いただきました。そこにはもう春の苦みとほのかな花粉のにおい・・・。

 

え…と、これは食べられないにゃ? わかめ

 

今日、日本は立春を迎えましたが、

インドではもうすぐ春の到来をお祝いするお祭り「ヴァサント・パンチャミー」を

迎えます。

「ヴァサント」は春の意味。このお祭りでは、学問と芸術の女神さまサラスワティー

も黄色い衣装を纏い、人々も黄色の服、黄色い色のお菓子や食べ物でお祝い

するのだそうです。

 

黄色い色は春の色?そういえば冬の北インドの農村地帯をタクシーで走っていると黄色い

カラシ菜の畑が広がっていて、それはきれいなこと。そんな風景も思い出される今日この頃。

気候風土、文化や宗教等の違いはあっても、春を迎えるってわくわくするものなんですね。

 

とはいえ、まだまだ寒い日本の2月。身体の声をよく聴きながら、春を迎える準備をしていきましょう。

まずは今月も、yogaのクラスでお待ちしています!

 

Pranam & Om