Blogyogaクラスあれこれ・・インドお知らせ

サット・サンガのお知らせ

キールタン歌いましょう。お出かけ用のハルモニウムの名前は「プラカーシュ」このコを連れて・・。

 

もうすぐ12月。紅葉した秋色の景色も日に日に変わっていきますね。

葉っぱを落とした木々の幹や枝が姿を現わしてきて、

その美しさに息をのむ・・この季節の好きな瞬間のひとつです。

そして何かと用事が増えそうな時期がやってきますが、

忙しいからこそヨーガの時間を作りませんか。

 

 

このたびご縁をいただいたお山のお寺「大光寺」さんで、「サット・サンガ」を

行います。

サンスクリット語のサットとは「存在する、真実の、善い、徳の高い」等、

サンガとは「会合、交友」等の意味ですから、「サット・サンガ」とは、

「真に善いことを求める人たちの集まり」という意味あいになるでしょう。

 

大光寺さん。山里の懐かしい雰囲気いっぱいの佇まい。「静かですね。」と言ったら「いえいえシカや猿の鳴き声が聞こえますよ。」って。

 

サット・サンガでは、「音のyoga」とも呼ばれているキールタンを歌ったり、

ご住職にミニ・トークもお願いしました。お茶とお菓子もありますよ。

ご住職ご夫妻はそれはそれは清々しくあたたかな雰囲気のお二人。

 

精神的な成長を求める気持ちをもった人たちが自発的に集い、共に過ごす時間。

それは日々心身忙しく過ごしている私たちにとって、ヨーガのクラスに参加

するのと同じように、いいものだと思います。インドのアーシュラムでは、毎晩2時間

ほどのサット・サンガが行われ、終わった後はなんともいえないあたたかで安らいだ

気持ちになるのです。

 

懐かしい写真。もう何年前だろう。みんなで行った綾部のお宿で。

 

「サット・サンガ」って?、「キールタン」って?と思っている人も、もちろん

キールタン好き!な人も、参加してみませんか。お申し込みはヨーガクラスで直接、

またはCONTACTのメールやインスタグラムのDMからでもけっこうです。

 

日時 : 2019年12月14日(土) 13:30~15:30

場所  : 小浜市口田縄 「大光寺」

参加費 : お気持ちで^^

よろしくお願いします。

 

Pranam & Om